アダルトサーバー880円~高速LiteSpeed搭載・無料SSL・WordPress

高速SSD搭載アダルト可サーバー月額 880円

国内高速ピュアSSD
&LiteSpeedサーバー
月額 880円

お申し込みはこちら

高速SSD搭載アダルトサーバーの特徴


アダルトサーバー


高速SSDアダルト共用クラウドサーバーなら、運用規模により自由にプラン変更可能!

エコノミー

月額 880円(税抜)
 

初期 2,100円
無料キャンペーン中

国内最安値プラン
CGI/PHP7/MySQL 可

転送量

無制限

メールアドレス数

50個

スタンダード

月額 2,430円(税抜)
12ヶ月契約で1ヶ月無料!

初期 2,100円
無料キャンペーン中

エコノミーよりメモリUP
機能・容量アップで大人気

転送量

無制限

メールアドレス数

100個

プレミアム

月額 7,780円(税抜)
12ヶ月契約で2ヶ月無料!

初期 2,100円
無料キャンペーン中

SAS 搭載共用プラン
無制限ドメイン・MySQL

転送量

無制限

メールアドレス数

無制限


高速SSD/Nginx搭載アダルト専用サーバーなら御客様一人でサーバーを独り占め!

高速SSD-X1プラン

月額 13,620円(税抜)
12ヶ月契約で2ヶ月無料!

初期 18,520円
無料キャンペーン中

容量

80GB

転送量

無制限

高速SSD-X2プラン

月額 17,500円(税抜)
12ヶ月契約で3ヶ月無料!

初期 18,520円
無料キャンペーン中

容量

160GB

転送量

無制限


便利でカンタン機能を多数追加!など

IP分散サーバー
Cクラス分散

日本語・海外向け
アダルトサイト作成

クレジットカード
決済代行

グローバルサイン証明書

検索エンジンSEO対策


.com .net .biz .info .jp ドメイン新規取得、復活手続き オールド中古ドメイン取得

独自ドメイン取得代行

オールド中古ドメイン


アダルトサーバーなら、CloudLinux 採用。クラウドにより性能スケールアップ可

OSにCloudLinuxを採用させて頂いておりますので、アカウント領域を準仮想化することで他のユーザー様の影響を受けずにサイト運用が可能です。
また、サイト規模が大きくなっても基本的にユーザー様の任意のタイミングで、CPU、メモリなどサーバー性能をスケールアップさせることが可能です。
CloudLinux

高速WebサーバーLiteSpeed で、Webサイトのレスポンス高速化

表示速度をより高速化する為に、LiteSpeed Webサーバーに対応しております。
LiteSpeed Webサーバーは、一般的に使用されるApacheと完全な互換性を持ち、Apacheよりも静的コンテンツは最大9倍高速、PHPは最大50%倍高速、SSLサイトは最大3倍高速の次世代のWebサーバーです。
尚、Apacheよりも遥かに少ないリソースで動作する為、急なトラフィックの増加にも安定したWebサイトの表示をご提供可能です。
更に、次世代プロトコルのHTTP/2に完全対応し、SSLサイトの高速化を実現致します。
LiteSpeed とは、非常に高速・高性能で、キャッシュを有効にする事により、導入前と比較して数十倍~数百倍程度、サイトのレスポンスを圧倒的に高速化する事が可能です。

litespeed

常時SSL化・無料SSL証明書Let's Encrypt でサイトの表示速度をアップ

無料SSL証明書Let's Encrypt がご利用可能です。
常時SSL化は、今後、GoogleやYahooでの検索結果順位にも影響するとも言われております。
高速WebサーバーNginx


更新情報・お知らせ

2019/03/18
【注意喚起】WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の脆弱性について NEW
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。



WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」 に関する脆弱性が公表されました。
下記をご確認いただくとともに、対象バージョンをご利用のお客さまにおかれましては、
修正済みのバージョンへのアップデートを行っていただけますようお願い申し上げます。

「Google XML Sitemaps」には、格納型のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。WordPressサイトを
複数の管理者が共同管理している状況で、悪意を持った管理者が細工した入力を行うことで、他の管理者が
プラグイン設定ページにアクセスした際にWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性があります。


本脆弱性を修正したバージョンが公開されています。対象のプラグインをご利用の場合は最新版へ
アップデートしてください。十分なテストを実施の上、修正済みバージョンを適用することをお勧めします。
修正済みのバージョンは、下記の通りです。
2019/03/16
【注意喚起】WordPressプラグイン「FormCraft」の脆弱性について NEW
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。



WordPressプラグイン「FormCraft」 に関する脆弱性が公表されました。
下記をご確認いただくとともに、対象バージョンをご利用のお客さまにおかれましては、
修正済みのバージョンへのアップデートを行っていただけますようお願い申し上げます。

「FormCraft」には、クロスサイトリクエストフォージェリ(CWE-352) の脆弱性が存在します。
WordPress の管理画面にログインした状態のユーザーが細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作をさせられる可能性があります。意図しない操作には、フォームの新規作成、既存のフォームへの JavaScript コードの挿入、既存のフォームの削除が含まれます。
2019/03/14
【注意喚起】ISC BIND 9 に対する複数の脆弱性について NEW
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
JPCERT/CCより、ISC BIND 9 に対する複数の脆弱性が公表されました。
本脆弱性を悪用された場合、意図せずお客さまサーバーのサービス停止を引き起こされる可能性がございます。
下記をご確認いただくと共に、ご対応いただけますようお願い申し上げます。


リモートからの攻撃によって named が終了する可能性がございます。

また、想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。

サービス運用妨害 (DoS) - CVE-2018-5744, CVE-2018-5745
許可していない相手への DLZ ゾーン転送 - CVE-2019-6465

2019/03/11
【注意喚起】WordPressプラグイン「WP Retina 2x」の脆弱性について NEW
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。


WordPressプラグイン「WP Retina 2x」 に関する脆弱性が公表されました。


◆概要

・Jordy Meow が提供する「WP Retina 2x」は、WordPress 用プラグインです。

・「WP Retina 2x」には、クロスサイト・スクリプティングの脆弱性が存在します。

・開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください。

・当該製品を使用しているサイトにアクセスしたユーザーのウェブブラウザー上で、

任意のスクリプトを実行される可能性があります。

2019/03/08
【注意喚起】WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の脆弱性について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。



WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」 に関する脆弱性が公表されました。
下記をご確認いただくとともに、対象バージョンをご利用のお客さまにおかれましては、
修正済みのバージョンへのアップデートを行っていただけますようお願い申し上げます。

「Google XML Sitemaps」には、格納型のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。WordPressサイトを
複数の管理者が共同管理している状況で、悪意を持った管理者が細工した入力を行うことで、他の管理者が
プラグイン設定ページにアクセスした際にWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性があります。
過去履歴一覧はこちら