アダルトサーバー580円~高速LiteSpeed搭載・無料SSL・WordPress

高速SSDクラウドサーバーの特徴


アダルトサーバー



高速SSDアダルト共用クラウドサーバーなら、運用規模により自由にプラン変更可能!

エコノミー

月額 580円(税抜)
 

初期 2,100円
無料キャンペーン中

国内最安値プラン
CGI/PHP7/MySQL 可

転送量

無制限

メールアドレス数

50個

スタンダード

月額 1,980円(税抜)
12ヶ月契約で1ヶ月無料!

初期 2,100円
無料キャンペーン中

エコノミーよりメモリUP
機能・容量アップで大人気

転送量

無制限

メールアドレス数

100個

プレミアム

月額 6,980円(税抜)
12ヶ月契約で2ヶ月無料!

初期 2,100円
無料キャンペーン中

SAS 搭載共用プラン
無制限ドメイン・MySQL

転送量

無制限

メールアドレス数

無制限


高速SSD/Nginx搭載アダルト専用サーバーなら御客様一人でサーバーを独り占め!

高速SSD-X1プラン

月額 11,500円(税抜)
12ヶ月契約で1ヶ月無料!

初期 18,520円
無料キャンペーン中

容量

20GB

転送量

無制限

高速SSD-X2プラン

月額 16,800円(税抜)
12ヶ月契約で1ヶ月無料!

初期 18,520円
無料キャンペーン中

容量

40GB

転送量

無制限


便利でカンタン機能を多数追加!など

IP分散サーバー
Cクラス分散

日本語・海外向け
アダルトサイト作成

クレジットカード
決済代行

グローバルサイン証明書

検索エンジンSEO対策


高速WebサーバーLiteSpeed で、Webサイトのレスポンス高速化

表示速度をより高速化する為に、LiteSpeed Webサーバーに対応しております。
LiteSpeed Webサーバーは、一般的に使用されるApacheと完全な互換性を持ち、Apacheよりも静的コンテンツは最大9倍高速、PHPは最大50%倍高速、SSLサイトは最大3倍高速の次世代のWebサーバーです。
尚、Apacheよりも遥かに少ないリソースで動作する為、急なトラフィックの増加にも安定したWebサイトの表示をご提供可能です。
更に、次世代プロトコルのHTTP/2に完全対応し、SSLサイトの高速化を実現致します。
LiteSpeed とは、非常に高速・高性能で、キャッシュを有効にする事により、導入前と比較して数十倍~数百倍程度、サイトのレスポンスを圧倒的に高速化する事が可能です。

litespeed

常時SSL化・無料SSL証明書Let's Encrypt でサイトの表示速度をアップ

無料SSL証明書Let's Encrypt がご利用可能です。
常時SSL化は、今後、GoogleやYahooでの検索結果順位にも影響するとも言われております。
高速WebサーバーNginx



更新情報・お知らせ

2019/09/13
令和元年台風第15号の影響による災害のお見舞い NEW
令和元年台風第15号の影響により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
弊社では災害救助法の適用地域にお住まいのユーザー様を対象に支援措置を実施いたします。
2019/08/09
夏季営業のお知らせ(休まず営業しております)
お客様各位


平素はご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
夏季は通常通り、全日休まず営業しております。 電話・E-mail・チャットによるお問い合わせも通常通り受け付けております。
2019/06/10
【注意喚起】WordPressプラグイン「Zoho SalesIQ」の脆弱性について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

WordPressプラグイン「Zoho SalesIQ」 に関する脆弱性が公表されました。
下記をご確認いただくとともに、対象バージョンをご利用のお客さまにおかれましては、
修正済みのバージョンへのアップデートを行っていただけますようお願い申し上げます。

Zoho SalesIQ Teamが提供する WordPress 用プラグイン「Zoho SalesIQ」には、クロスサイトスクリプティング (CWE-79) と、クロスサイトリクエストフォージェリ(CWE-352) の脆弱性が存在します。
WordPress の管理画面にログインしているユーザーのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトが実行されたり、
WordPress の管理画面にログインした状態のユーザーが細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作をさせられる可能性があります。
2019/05/17
キャッシュDNSサーバーのご提供について
キャッシュDNSサーバーは専用サーバー内で設定します。
ご契約ドメイン名の名前解決に利用するDNSとは異なりますのでご注意下さいませ。

 (変更方法)
 LinuxOS :/etc/resolv.conf内の記述を変更
 WindowsOS:スタートメニュー>[ネットワーク]を右クリック>[プロパティ]> [アダプターの設定の変更]>
[ローカルエリア接続]を右クリック>[プロパティ]>インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)>
       [全般]次のDNSサーバーのアドレスを使う項目に追記


独自のキャッシュDNSサーバーをご利用の場合などは、当設定変更を行う必要はございません。
ご利用状況に併せて、任意でご対応下さい。

以上、よろしくお願いいたします。
2019/05/12
【注意喚起】baserCMS における複数の脆弱性
baserCMSに、コードインジェクションをはじめとする複数の脆弱性が公表されました。

下記をご確認いただくとともに、対象バージョンをご利用のお客さまにおかれましては、
修正済みのバージョンへのアップデートを行っていただけますようお願い申し上げます。
想定される影響

想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。

遠隔の第三者によって、運営管理者の権限で任意のコードを実行される
当該製品にサイト運営者権限でログインできるユーザによって、任意の OS コマンドを実行される
当該製品にサイト運営者権限でログインできるユーザによって、任意のファイルをアップロードされる
当該製品にサイト運営者権限でログインできるユーザによって、アクセスを制限されているコンテンツを閲覧されたり、改ざんされたりする
遠隔の第三者によって、サイト利用者がアップロードしたファイルを閲覧される
テーマ管理画面にアクセスしているユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される
遠隔の第三
過去履歴一覧はこちら