高速アダルトサーバー・格安レンタルサーバー
アダルトサーバー
電話サポートお問い合わせフォーム


WordPressワードプレス設置マニュアル

WordPress (ワードプレス)の設置マニュアルでございます。

WordPress (ワードプレス)とは?

CMS によるブログシステムであり、オープンソースのスクリプト言語であるPHPとデータベースMySQLで開発されている多機能ブログサイト構築システムです。
ネット上にテンプレートなども配布されております為、初心者様でも比較的、容易にブログサイトが構築可能です。
バージョンやライセンス等の違いにより、若干の差異がある場合がございますが、何卒、御容赦願います。

当社では、WordPress の設定手順は、参考として以下に掲載させて頂いておりますが、WordPress に関しては、第三者が配布しているアプリケーションになる為、詳細や使用方法に関しましては、各種関連サイト等を御参照下さい。アップロード先や個々の情報等は、適宜置き換えて下さい。

WordPress(ワードプレス)の代表的な機能

CMS

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは、 サイトコンテンツを効率的に、管理/運用する為の仕組みです。
専用の管理画面で作業をすれば、次々と新しいページが追加作成されていき、尚且つ、全ページの新着記事一覧やカテゴリーの一覧ページからも自動的にリンクを貼ることができます。

従来のサイト構築の場合、Webサイトを構築するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやスタイルシートなどの言語で、レイアウトや装飾を行ない、ページ間にリンクを設定するなどの作業も行なう必要があり、非常に手間が掛かり面倒でしたが、このCMSを利用して、サイト構築をソフトウェアで自動的に行なうようにしたものが、CMSです。

CMSを導入すれば、難しいHTMLなどの知識を習得する必要はなく、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成する為、ページが追加される度に、関連するページにリンクを追加するといった面倒な作業も割愛されます。

CMSの中には、サイトのデザインを、テンプレート(雛形)として、いくつか用意しているものもあり、これらを使えば、画像の作成やデザインなどを行なうことなく、サイトを構築することが可能です。
RSS

RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトルや更新時刻などを記述することが可能です。
RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を、統一して、効率的に把握することができます。

RSSリーダー利用者も増えてきていますので、逐一、サイトを閲覧しに行かなくても、更新情報を自動的に得たいと言うユーザーの要求を満たすこともできます。

1)
WordPress をダウンロードするには、以下よりダウンロードをお願い致します。

WordPress(ワードプレス)ダウンロード

上記URLに、アクセスすると、ダウンロードの項目があります。
デスクトップにダウンロード後、解凍ソフトウェアでダウンロードファイルを解凍して下さい。

2)
FTPソフトで、サーバー設定情報に記載のございますアップロード先のホームディレクトリへ、ワードプレスのファイルをアップロードをして下さい。 その際、wordpressフォルダの中身だけをアップロードして下さいませ。
エラーが発生するようなら、 wp-config.php ファイルをもう一度確認して下さい。

3)
コントロールパネルへログイン後、「ユーティリティ」>「ファイルマネージャー」より、wp-config-sample.php を開き、データベースの接続情報を、ご記入頂き保存をして下さいませ。

wp-config-sample.php の記入サンプル)

※変更箇所:// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** // の部分

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のデータベース名 */
define('DB_NAME', '設定情報内に記載されております。');

/** MySQL のユーザー名 */
define('DB_USER', '設定情報内に記載されております。');

/** MySQL のパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'コントロールパネルのパスワードと同じです。');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'データベースサーバー:ポート番号');

/** データベーステーブルのキャラクターセット (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_COLLATE', '');


変更後、wp-config-sample.php を、wp-config.php へ、ファイル名を変更して下さい。

4)
ブラウザから、インストーラー例):http://御客様のドメイン名/wp-admin/install.php へアクセス頂くと、ブログに必要なデータベースのテーブルが設定され、パスワードが自動生成されますので、このパスワードを保存して下さい。
エラーが発生するようなら、 wp-config.php ファイルをもう一度確認して下さい。

5)
インストールスクリプトにより、ログインページに誘導されますので、以下の情報にてログインして下さい。

ユーザ名;設定されたユーザー
パスワード;インストール中に生成されたパスワード

上記パスワードはログイン後、管理画面の「ユーザー」をクリックして変更することが可能です。





ワードプレスの新規記事の投稿について

ワードプレスへログイン後 > 「投稿」 > 新規追加より、新しい記事の投稿が可能です。



ワードプレスのプラグイン設定について

ワードプレスへログイン後 > 「プラグイン」より、プラグインの設定等が可能です。



ワードプレスの表示設定について

ワードプレスへログイン後 > 「設定」より、表示の設定等が可能です。 テーマについては、「外観」から追加が可能となっております






ワードプレスの負荷対策について

ワードプレスは、高負荷プログラムになりますので、ワードプレスをご利用の際は、同時に、cacheplug-inを、ご検討下さいませ。

1) 管理画面にログインし、キャッシュ作成プラグイン「wp-super-cache」をインストールして下さい。

2) パーマリンクの設定を行っていない場合、「パーマリンク設定」から「デフォルト」以外のいずれかを、ご選択下さい。

3) 「wp-super-cache」の詳細設定画面で、以下の項目にチェックを入れて下さい。

  • ヒットしたページをキャッシュし、素早くアクセスさせる。
  • キャッシュファイルの提供に、 mod_rewrite を利用する。
  • ページを圧縮し、訪問者により速くページを供給する。
  • 既知のユーザー向けには、ページをキャッシュしない。
  • 遅延 init。WordPress が読み込んだ後にキャッシュされたファイルを表示します。
4) SPAM対策プラグイン「Akismet」を、ご検討下さいませ。




ワードプレスのセキュリティ対策について

古今、ワードプレスを狙ったDOS攻撃も増加傾向にありますので、以下の方法で、ご対応をお願い致します。

1) wordpres管理画面へのログインパスワードを、20文字以上の強固なものに変更及び、管理画面へ.htaccessでログイン認証を設定頂く。

2) wp-config.php のパーミッションを404に変更して頂く。





WordPress で、投稿記事が404エラーになる場合の対処サンプル

設定後、投稿記事が404エラーになる場合などに、以下の記述の.htaccess ファイルの設置をお試し下さいませ。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress




WordPress で、画像アップロードエラーになる場合の対処サンプル

設定後、例) 「ディレクトリ /var/www/vhosts/ドメイン/httpdocs/wp-content/uploads/ を作成できませんでした。
この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?」といった、画像アップロードエラーになる場合などに、以下の記述の.htaccess ファイルを、wp-admin への設置をお試し下さいませ。
また、PHP のセーフモードを、OFFにすることで解消される場合もある様です。

Options +ExecCGI
AddType application/x-httpd-cgi .cgi .pl
<files upload.php>
AddHandler cgi-script .php
</files>




テーマ編集エラーが発生する場合の対処サンプル

theme 内もしくは、上位ディレクトリへ、以下の.htaccess を設置頂き、対象ディレクトリのパーミッションを、777 にてお試し下さい。

Options +ExecCGI
AddType application/x-httpd-cgi .cgi .pl
<Files theme-editor.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>





ワードプレスの画面が、急に真っ白になってしまった場合の対処法
ワードプレスの画面が、プラグインなどの影響で、急に真っ白になってしまった場合、wp-adminのログイン画面が真っ白になった場合、どういったエラーによるものかを確認する為に、エラーを表示させる必要があります。 その際、以下の2点をご設定を、お願い致します。

◆ 対処方法
(1)デバッグモードに切り替える。

・ログを画面上に出力させる為に、ワードプレスフォルダの直下「wp-config.php」の中に、 define(‘WP_DEBUG’, false); というコードがあるかを確認が可能です。
管理画面が白くなっていても、FTP等からの接続は出来ると思います。
上記コードがあった場合、falseになっている部分を、trueに書き換えて上書き頂くことで、デバッグモードに切り替わります。
日本語版の場合、wp-config.php の78行目付近になります。

※変更前:define(‘WP_DEBUG’, false);  ⇒  変更後:define(‘WP_DEBUG’, true);

上記変更後、画面上にエラーログが出力されますので、そのエラーログを検索等頂きますと、ほとんどのエラーは前例がある内容かと思われます。
エラーの主な原因は、プラグイン同士の干渉やプラグインとテーマの不整合によるものです。

※wp-config.php を開くと、以下の赤丸の箇所になります。



(2)プラグインディレクトリ:/wp-content/plugins/ を、リネームしてみる。

・FTPで、/wp-content/plugins/へアクセスし、/pluguins/ を、一旦、/_plugins/ などに、リネーム頂くなどして頂くか、あるいは、中に入っているフォルダを、一つづつリネームしてみる方法もございます。
リネームを行うと、そのプラグインは、暫定的に、プラグインの停止状態になります。
尚、/plugin を、/_plugin にされても現象に変化が無い場合、空のファイル/plugin を作成頂き、完全なデフォルト状態にして頂く形もお試し下さいませ。






ワードプレスの突然の「データベース接続確立エラー」への対処方法について(※WP_ALLOW_REPAIR)

ワードプレスで突然、画面上に「データベース接続確立エラー」が表示された場合の手順は、以下をご参考にお願い致します。

1) データベースのバックアップを事前にお願い致します。
次に、wp-conifg.php の設定情報が正しいかどうかをご確認頂き、間違っていない場合、御客様ワードプレス内のデータベースが一部破損等している可能性がございますので、ワードプレスのREPAIR 機能をご検討下さいませ。

2) http://御客様のドメイン/wp-admin/maint/repair.php を有効にするには wp-config.php に以下を追記をお願い致します。

define('WP_ALLOW_REPAIR', true);

3) その後、http://御客様のドメイン/wp-admin/maint/repair.php へアクセスすると、以下の様な画面が表示されます。


3) ページを更新頂くと、以下の様なページになりますので、通常は、「データベースを修復し最適化する。」をご選択して下さいませ。


4) 通常は、自動で修復となりますが、もし、エラーメッセージが表示される場合には、大変お手数ですが、内容をご確認頂き、適宜ご対応をお願い致します。



どのプラグインがサイトのパフォーマンスに影響を及ぼしているかチェックできるプラグイン

ワードプレスは簡単にプラグインを導入できますが、このプラグインを複数導入しますと、パフォーマンスに影響する場合もございます。
しなしながら、実際、どのプラグインが影響しているかが分かりづらい為、それらを確認する為に、プラグインの状況をグラフ化してくれるP3 (Plugin Performance Profiler)というプラグインが便利だと思います。  

インストールが完了したら、管理画面のツールから「P3 Plugin Profiler」を選択して下さい。
その中に、「Start Scan」と書かれたボタンがありますので、そちらを押して下さいませ。
次に、「Auto Scan」を選んでスキャンを開始して下さいませ。
「Scannin is complete.」の文字が出たらスキャン完了です。「View Results」のボタンを押すと、結果が表示されると思います。




自動インストールの場合の日本語及び、ディレクトリ移動について

(Pleskバージョンプランの場合)ログイン後 > 「契約」 > 該当ドメインの「ホスティングを管理」 > 「アプリケーション」よりワードプレスの自動インストールが可能です。
この際、「すべての設定を表示」(※以下の画像の赤丸の箇所)より、Interface languageから日本語をご選択頂く事で日本語化されます。




また、自動インストールの場合、/wordpress などのディレクトリ上に展開されますので、直接、トップページをワードプレスにされたい場合、以下の手順で可能です。

・手順1)通常通りワードプレスの自動インストールを実行頂き、ワードプレスの管理画面へログイン後、「設定」 > 「一般」を開きます。

・手順2)デフォルトでは、WordPressアドレスURL・サイトアドレスURL共に、例)http://example.com/wordpress となっておりますので、こちらを、http://example.com/ に変更後、保存して下さいませ。 404エラーになりますが、スルーして下さい。

・手順3)Plesk へログイン頂き、「契約」 > 該当ドメインの「ホスティングを管理」 > 「ウェブサイトとドメイン」 > 「ファイルマネージャー」より、httpdos(※以下の画像の赤丸の箇所) を選択して下さい。





・手順4)最初のワードプレス展開先のwordpressディレクトリに移動後、右上の「すべて」を押して、ファイル一覧上の名前のすぐ左横のチェックボックス(※以下の画像の赤丸の箇所)にチェックを入れますと、全てのファイルにチェックが入ります。
この状態で、/wordpress ディレクトリ直下のファイルが一括移動可能となりますので、移動(※以下の画像の紫丸の箇所)をクリック頂き、移動先を//httpdocs にして頂くと、ワードプレスがホームディレクトリ直下へ移動完了です。








 

アダルトレンタルサーバーへ戻る
アダルトサーバー

【免責事項】 WordPress については、第三者配布ソフトウェアとなります為、何卒、ご理解の程お願い致します。尚、サーバーのバージョン等により、対応致しかねる箇所等がございますので、予めご了承下さい。
また、ご利用に起因する第三者とのトラブル問題や動作保証等については、その理由の如何を問わず、弊社は完全免責とさせて頂きますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。


Google Google+