アダルトレンタルサーバーアナハイム

アダルトサーバー980円格安高速SSD無料マルチドメイン

ドメインに関する質問

Q.ドメインの登録には、どれ位の時間を要するのでしょうか?
A.全てのドメインは入金確認後、ドメイン申請させて頂きます。 以下は取得完了に要する時間の目安となります。

gTLDドメイン及び、ccTLDドメインの場合、通常ですと、約1営業日~3営業日程掛かります。

汎用JPドメインの場合、通常ですと、約1営業日~7営業日程掛かります。

属性JPドメインの場合、通常ですと、約7営業日程掛かります。

Q.ドメインに使用できる文字や文字数に制限は、あるのでしょうか?
また、登録する際の資格は、あるのでしょうか?
A.詳しくは、当社サイトのドメインの文字規則についてに記載されておりますので、そちらを御参照下さい
Q.ドメイン情報には、どんな情報が登録されるのでしょうか?
A.gTLDドメインの場合は、英語表記で以下の様な情報が、登録されます。

Registrant 登録者の意味で、ドメインの所有者になります。
Administrative Contact 管理責任者情報になります。
Billing Contact 経理担当者情報になります。
Technical Contact 技術連絡担当者情報になります。
口座名義 アナハイム エレクトロニクス (カ

    上記には、それぞれ、下記の情報が登録されます。
    ・登録者名ないしは、担当者名
    ・住所
    ・電話番号
    ・FAX番号
    ・E-mail
    また、汎用JPドメインの場合は、下記の情報が登録されます。
    ・登録者名
    ・郵便番号
    ・住所
    ・登録担当者名
    ・電話番号
    ・FAX番号
    ・E-mail
    ・公開連絡窓口情報

    これらの情報は、登録者情報として公開されます。
    尚、当社経由で、ドメイン登録を行って頂くと、無料オプションで、個人情報を非公開にすることが可能です。

    (原則、個人情報非公開については、事前に申請があった場合のみの対応となります。 当社へ第三者から苦情等があった場合や当社の不利益になると判断した場合、御客様へ通知することなく、御利用をお控頂く場合もございますので、御了承下さい。)

Q.ドメインの更新手続きは、どうすればいいのでしょうか?
A.

更新案内連絡は、当社より更新期日前にサービス申し込み時の電子メールアドレスに送付させて頂きますが、当社は更新ご連絡の義務及び、責任等を一切、保有しておりませんので、期限に関しては御客様にてご認識を賜ります様に、何卒、ご了承下さい。(一部のドメインを除く)順次、御客様へお渡ししておりますドメイン管理画面より、ドメイン費用の入金/更新マニュアルより、必要代金を入金頂き、その後、ドメイン費用の入金/更新マニュアルをご参考にして、御客様の自己責任で更新手続きを行って下さい。

ドメインの更新は、必ず更新期日の2週間前までに手続きをお願いします。

当社指定の更新日までに、御客様からの入金がない場合、如何なる理由でも、ご利用規約に基づき自動でドメイン廃止申請させて頂きます。

原則、当社の業務の範疇は、取得代行のみとなり、管理代行や更新代行は行っておりませんので、ご了承下さい。

また、利用規約もございますが、万が一、仮に、期限切れ未払い等で、ドメインを失効した場合も、理由の如何を問わず、当社では、一切、責任及び、保証等等は負いかねますので、予め御了承下さい。

尚、ドメインの管理は、ICANN及び、レジストラのドメイン運営ポリシーに基づき、原則、御客様の自己管理にてお願しておりますので、当社は如何なる責任及び、保証等も負いかねますので、予め御了承下さい。

原則、ドメインの所有権自体はレジストリにございますので、更新手続きをされなかったドメインは、レジストリに帰属致しますので、予め御了承下さい。

【※注意事項】

原則、管理画面は、あくまでドメインの更新手続きを行って頂く為のツールになりますので、更新手続き以外の項目は、不具合の原因となりますので、絶対にいじらないで下さい。

尚、有効期限は、ログイン後 >> 有効期限確認でもご確認可能です。

ログインユーザーID名・パスワード情報を、ご変更された場合には、必ずinfo@anaheim-e.biz まで、ご変更後のログインユーザーID・パスワードを、ご連絡頂きます様お願い申し上げます。

Q.希望ドメインを検索チェックして、既にドメインが登録されている場合は、どうすればいいのでしょうか?
A.方法その1

他のドメインで再度、検索チェックしてみたり、御希望ドメインに、”-e”や、”e-”を付けたりすることで、割と簡単に、登録が可能となる場合があります。

例) anaheim-e.biz が、登録されていた場合、anaheim-e.com や anaheim-e.netに変えてみる。

方法その2

ドメインの所有者に、直接、交渉し譲渡してもらう。
取得したいドメインの種類や文字を変えたくない場合は、直接、所有者に交渉してドメインを譲渡してもらうのも一つの手です。

Q.ドメインの登録情報の変更(メールアドレスや住所等)をしたいのですが、どうすればいいのでしょうか?
A.一部のドメインを除く)ドメインの登録情報の変更の際は、ドメイン管理画面より、ログイン後、、ユーザー情報を、必ずご変更下さい。
尚、利用規約にもございますが、お引っ越しなどで連絡先が変更(特に、メールアドレス)になった場合、後々のトラブルを回避する為、必ず御連絡下さい。
Q.レンタルサーバーの移転と同時に、他社で登録した、ドメインも移転させたいのですが、どうすればいいのでしょうか?
A.詳細については、ドメイン移管についてを御覧下さい。
Q.DNS情報とは、何ですか?
A.DNSとは、インターネット上で、ドメインを運用する為に必要なサーバーを意味します。インターネット上にあるコンピューターには、全てIPアドレス(例:123.456,789.10)が割り当てられており、DNSにより、IPアドレスとドメインを結び付ける役割を果たしていますので、御客様が取得されたドメインによるホームページの公開やメールの送受信を行うには、DNS設定が必要不可欠となります。
Q.プロバケーション(DNSの浸透期間)とは、何ですか?
A.DNS情報を変更後、その情報が世界中のDNSサーバーに行き渡るのに、1日~2週間程度掛かります。

この間は、各DNSサーバーによって、ドメイン情報の更新のタイミングが異なることにより、新サーバーを指すDNSサーバーと旧サーバーを指すDNSサーバーが混在します。

これを、プロパゲーションと言います。

Q.例えば、ドメインの更新の連絡に気づかなかったり、更新手続きで何か問題が生じ、ドメインが廃止された場合や破綻した場合等に、ドメインを復活させるには、どうすればよろしいのでしょうか?
A.この場合、以下の2つの方法がございます。
ドメインの廃止を回避するには、事前にある程度の年数をまとめて更新手続きを行っておく事で、そういったリスクはある程度回避できると思います。
尚、ドメインの管理は、ICANN 及び、レジストラのドメイン運営ポリシーに基づき、原則、御客様の自己管理にてお願しておりますので、当社は如何なる責任及び、保証等も負いかねますので、予め御了承下さい。

※ドメインドロップキャッチ(事前予約自動取得)してドメインを復活させる方法)
再登録までのタイムグの間に、第三者に取得されてしまうリスクもございますが、一度、完全に削除申請をした後、御希望ドメインが、新規ドメインとして、改めて市場に開放される1~3ヶ月後に、新規取得して取り直すことは物理的には可能です。

但し、失効されたドメイン名ばかりをドロップキャッチして取り扱う専門業者もございますので、結局、御希望ドメインの取得は早い者勝ちとなり、かなりの労力を要しますので、予め御了承下さい。

尚、当社ではドロップキャッチの保証及び、サポート等は、一切、行っておりません。

有効期限切れや削除されたドメイン名ばかりを専門で扱っているサイト)
Deleted Domains.com:http://www.deleteddomains.com/

Pool.com:http://www.pool.com/

※申請してドメインを復活させる方法)
原則、一度、廃止されたドメインを再度、御利用になる場合には、ドメインの復活手続き(※手数料:84,000円)が必要になり、尚且つ、1~3ヶ月程のお時間を要します。

但し、この様な場合、再登録までのタイムラグの間に第三者に登録されてしまうなどの可能性もあり、廃止されたドメインが絶対に復活出来るとは限りませんので、予め御了承下さい。

尚、ドメインが、廃止されているかどうかは、以下のStatusにて確認が可能です。

Whois検索した際、表示されるStatusは、現在のドメインの状態を表します。

例)

【Status:ACTIVE】⇒ドメインが有効な状態です。

【Status:REGIStrAR-HOLD】⇒有効期限切れを意味します。(ドメインの有効期限から約30日後)

【Status:REDEMPTION-PERIOD】⇒削除されることを意味します。(REGIStrAR-HOLDから約30日後)

Statusが、REDEMPTION-HOLDの場合、ドメイン移管は認められず、尚且つ、この状態でドメイン更新手続きを行なう際には、別途、追加手数料が必要となりますので、予め御了承下さい。
また、この状態での更新手続きの可否の保証等は、一切、負いません。

Statusが、REDEMPTION-PERIODの場合、基本的にはドメインの復活手続き申請(有料)を行って頂ければ、復活は可能かと思いますが、多少、お時間を要する点と、その時のドメインの状態によっては復活出来ない場合がございますので、予め御了承下さい。

REDEMPTION-PERIODに入ったドメインは、1年間は再登録できない場合があります。また、その期間を超えても、ドメインが、一般市場に解放されない場合があります。

その場合、該当ドメインは、レジストラの負担で延長しているもので、再登録するには、更新料を含めて315000円(税込み)掛かります。

尚、どうしても復活希望をされます場合は、以下の手順にてご対応させて頂くことも可能ですので、ご確認ご同意の上、ご連絡下さい。 期間について は、一切、お約束できません。

・対応手順

1.更新料を含めた復活手数料315000円のお支払いに同意

2.ご同意のご連絡とご入金確認の上、レジストラとの交渉開始

また、例えば、ドメインが失効した場合でも、御客様ご自身でドメインのリストアやドロップキャッチバックオーダーにて、再登録できる可能性もございますので、参考にして下さい。尚、業者によっては、1) Whois情報に載っている名前が確認できるパスポートなどの証明書 2) ドメインに対して支払っていた証拠となる領収書のコピーが必要トなる場合もございます。

(ドメインの再登録等については、大変、恐縮ですが、当社は一切、サポート、保証、責任等は負いかねますので、御了承下さい。)

Q.DNS情報とは、何ですか?
A.DNSとは、インターネット上で、ドメインを運用する為に必要なサーバーを意味します。インターネット上にあるコンピューターには、全てIPアドレス(例:123.456,789.10)が割り当てられており、DNSにより、IPアドレスとドメインを結び付ける役割を果たしていますので、御客様が取得されたドメインによるホームページの公開やメールの送受信を行うには、DNS設定が必要不可欠となります。
Q.DNS情報とは、何ですか?
A.DNSとは、インターネット上で、ドメインを運用する為に必要なサーバーを意味します。インターネット上にあるコンピューターには、全てIPアドレス(例:123.456,789.10)が割り当てられており、DNSにより、IPアドレスとドメインを結び付ける役割を果たしていますので、御客様が取得されたドメインによるホームページの公開やメールの送受信を行うには、DNS設定が必要不可欠となります。
ドメインリストア(.co.jp や.jp の場合)
STEP1 詳細は、JPRS へお問い合わせ頂きご確認下さい。

しかしながら、100% 依頼したドメインが再登録できる保証はございません。

ドメインリストア(.com .net .biz .info .tv .cc などの場合)
STEP1 詳細はVD
/ eNom / keysystemへお問い合わせ頂きご確認下さい。

しかしながら、100% 依頼したドメインが再登録できる保証はございません。

もし、上記レジストラにて確認が必要と言われた際には、
以下の情報を添付頂き、お問い合わせ下さい。

▼ココから————————-

名前:ANAHEIM ELECtrONICS

組織名:ANAHEIM ELECtrONICS

住所:D10324kanshichiwaki fukishima tokai aichi

郵便:476-0011

電話番号:02046222221

▼送信者情報
Subject: VALUE DOMAIN PASSWORD NOTICE
Date: 23 Mar 2008 14:25:24 +0900
From: “VALUE DOMAIN”
To: webmaster@anaheim-e.biz

VALUE DOMAIN パスワードのお知らせ

ユーザー名 : anaheim1974

パスワード : ****************

ログインURL:https://www.value-domain.com/login.php

▼送信者情報

ブラウザー : Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; Headline-Reader; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506)

IP : 220.27.120.167 (接続P:yahoosoftbank)

**********************************************************

VALUE DOMAIN

ドメイン総合サービス

**********************************
https://www.value-domain.com/

▲ココまで———————————————————————

ドメインバックオーダーの方法(ドメイントレードの場合)
STEP1 ドメイントレードにてアカウントを新規作成します。
STEP2 登録アドレス宛てに、確認メールが届きます。
STEP3 作成したアカウントで専用画面にログイン後、所定の手続きを行って下さい。
しかしながら、100% 依頼したドメインが再登録できる保証はございません。
Q.ドメインの解約は、どうすればいいのでしょうか?
A.当社まで御連絡下さい。
ドメインの解約のことを、ドメインの廃止と言いますが、事前に廃止の御連絡を頂いてるドメイン、あるいは、更新の際に、入金確認ができなかったドメインについては、御客様に通知すること無く、期日にて廃止申請します。

レンタルサーバーをご解約された場合には、自動的にドメインも解約されますので、更新不要の場合には、
更新手続きを行わないことで、次回期日にて失効となります。

ドメインを解約後も、ご利用される場合には、御客様にて、ドメインの更新期日の1ヶ月前までに、他の指定業者等に移管させて下さいます様お願い申し上げます。

尚、一度、廃止されたドメインを再度、御利用になる場合は、ドメインを再登録することになります。

但し、この様な場合、廃止と再登録のタイムラグの間に第三者に登録されてしまう可能性もあり、廃止されたドメインが再登録できるとは限りませんので、予め御了承下さい。

Q.ドメインジャックというのは、何ですか?
A.ドメインジャックとは、インターネット上の住所に該当するドメインを乗っ取ることを意味します。

つまり、御客様が所有しているドメインを、ドメイン所有者と無関係な者が、ドメイン管理団体の所有するデータベースを不正に書き換え、あたかも自分が所有者であるかの様に装う行為のことを意味します。

ドメインジャックによって、そのドメインを管理するサーバのアドレスが本来のものとは別のものに書き換えられ、乗っ取った者が自由にドメインを管理することができるようになります。

従って、ホームページやメールアドレスなども本来の所有者とは関係ないものに差し替えられてしまいます。

乗っ取りの手口としては、ドメインを管理する業者(レジストラ)に、偽のメールアドレスなどで、本来の所有者になりすまして登録情報の変更申請を行なうなどの方法があります。

弊社は、Yahoo! Japanカテゴリーに登録されております。