格安ドメイン取得 格安な独自ドメイン取得とネットショップ専用レンタルサーバー
MovableType・XOOPS 対応レンタルサーバー
サイトマップ・サイト内検索
  各種お問い合わせ先   お問い合わせメールフォーム      
ホーム
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス トップページ
開業マニュアル
アダルト専用レンタルサーバーVPSホスティングサービス ネットショップ開業SEO対策マニュアル
ネットショップサーバー
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス レンタルサーバー機能&料金
VPS 仮想サーバー
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバー VPS@ホスティングサービス機能&料金
アダルトサーバー
ネットショップオーナー開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス アダルト共用サーバー 機能&料金
ネットショップオーナー開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス アダルト専用サーバー 機能&料金
独自ドメイン取得
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス ドメイン取得サービス機能&料金
カード決済/サイト製作
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス オプション機能&料金
SNS 構築サポート
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス SNS 構築
オーダー注文フォーム
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPホスティング 銀行振り込み@クレジットカード決済によるサービスお申し込みフォーム
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス 利用規約
お問い合わせサポート
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス お問い合わせメールフォーム
サーバー移転方法
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス レンタルサーバーの他社から移転方法
FAQ サポート
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス よくある質問と答え&Webサポート
会社概要
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス 会社概要
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス データセンター詳細
VPSレンタルサーバー 個人情報保護方針
ネットショップ開業通販サイトアダルトレンタルサーバーVPSホスティングサービス 特定商取引に基づく表示
VPSレンタルサーバー 著作権・免責事項
代理店募集
VPSレンタルサーバー ディスカウント代理店パートナー無料登録
相互リンク
VPSレンタルサーバー 相互リンク募集
サイトマップ
VPSレンタルサーバー サイトマップ

MovableType ブログ
サポート設置マニュアル


MovableType の設置マニュアルでございます。
バージョンやライセンス等の違いにより、若干の差異がある場合があるかも知れませんが、何卒、御容赦願います。
当社では、MovableType の設定手順等は、以下に掲載させて頂いておりますが、MovavleType に関しては、第三者が配布しているアプリケーションになる為、MovavleType の詳細や使用方法に関しましては、各種関連サイト等を御参照下さい。

MovableType (ムーバブルタイプ・ブログ)の代表的な機能
プラグイン 一般的なブログでは、最初から提供されている機能しか使えませんが、それに対して、MovableTypeでは必要な機能があれば、プラグインで追加して行く事が可能なので、例えば、ニーズが変わったとしても、プラグインを追加することで、即、対応が可能です。

プラグインとは簡単に言うと「拡張機能」を意味します。
インターネット上で、様々なサイト管理者が便利なプラグインを公開しているので、上手に利用すると良いでしょう。
トラックバック 別のブログへリンクをした際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みです。
ブログ管理者が、単にリンクしただけでは、元の記事の作者は、どこからどうリンクされているのかを容易に知ることはできないので、このトラックバックを利用して、リンク元ブログに、「この様な記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、更には、内容などが送信されます。
トラックバックされたブログは、この情報を元に、「この記事を参照している記事一覧」を自動的に生成することができます。
CMS CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは、 サイトコンテンツを効率的に、管理/運用する為の仕組みです。
専用の管理画面で作業をすれば、次々と新しいページが追加作成されていき、尚且つ、全ページの新着記事一覧やカテゴリーの一覧ページからも自動的にリンクを貼ることができます。

従来のサイト構築の場合、Webサイトを構築するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやスタイルシートなどの言語で、レイアウトや装飾を行ない、ページ間にリンクを設定するなどの作業も行なう必要があり、非常に手間が掛かり面倒でしたが、このCMSを利用して、サイト構築をソフトウェアで自動的に行なうようにしたものが、CMSです。

CMSを導入すれば、難しいHTMLなどの知識を習得する必要はなく、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成する為、ページが追加される度に、関連するページにリンクを追加するといった面倒な作業も割愛されます。

CMSの中には、サイトのデザインを、テンプレート(雛形)として、いくつか用意しているものもあり、これらを使えば、画像の作成やデザインなどを行なうことなく、サイトを構築することが可能です。
RSS RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトルや更新時刻などを記述することが可能です。
RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を、統一して、効率的に把握することができます。

RSSリーダー利用者も増えてきていますので、逐一、サイトを閲覧しに行かなくても、更新情報を自動的に得たいと言うユーザーの要求を満たすこともできます。




1)

Movable Type をダウンロードするには、製品の提供元である Six Apart 社のType Key サービスのアカウントが必要です。

  
Movable Type ファイルダウンロードURLhttp://www.sixapart.jp/movabletype/download-mt.html


上記URLに、アクセスすると、ダウンロードの項目があります。
その部分を、御選択後、以下のログイン画面が表示されますが、アカウントが未作成の場合は、「無料のアカウントを新規に作成」を選択して下さい。


MovableType ブログのインストールプラグインテンプレートで、通販サイト構築


2)
「無料のアカウントを新規に作成」を押すと、以下の様な、アカウント新規作成画面が表示されますますので、必要な情報(ログイン情報は、Movable Typeをインストールする際に必要なログイン名とパスワードになります。)を入力して頂き、一番下の登録ボタンを押すと、アカウント作成時に記載したメールアドレス宛てに、登録確認メールが届きます。

以下が、メールの件名と差出人です。
もし、スパムメールフィルター等で、ブロックしている場合は解除して下さい。。

メールの件名)
  Subject: TypeKeyのアカウントを有効にする
  From: TypeKey認証サービス typekey@typekey.com



MovableType ブログのインストールプラグインテンプレートで、通販サイト構築


4)
本文中にある、URLに、アクセスすると以下の画面が表示されます。
あるいは、メール本文中に記載されている TypeKey http://www.typekey.jp から、アクティベーションコードを入力して、次の画面へ進むと以下の画面が、直接、表示されます。



MovableType ブログのインストールプラグインテンプレートで、通販サイト構築


5)
先程、Type Keyアカウント新規作成で登録した任意のアカウントを利用して、ダウンロードページにログインします。


MovableType ブログのインストールプラグインテンプレートで、通販サイト構築


6)
<ライセンスの選択>
限定個人名義・非商用目的で利用する場合のみ無料です。
法人様など、他のライセンスの詳細に関しては、http://www.sixapart.jp/ を御覧下さい。

<利用許諾>
希望するライセンスを選択すると利用許諾書が表示されます。
承諾すると、ダウンロードページに移行します。

7)
プルダウンメニューから、パッケージの種類とアーカイブの種別を選択します。
アーカイブの種類は端末にインストールされている解凍ソフトが対応しているものを選択して下さい。
Windows/Macintosh の場合、 ZIP形式が、一般的です。
初めての場合は、フルパッケージを選択します。



MovableType ブログのインストールプラグインテンプレートで、通販サイト構築

8)
ダウンロードのボタンを押すと、ポップアップ形式で、ファイルのダウンロードの画面が表示されますので、「保存」を押して下さい。


MovableType ブログのインストールプラグインテンプレートで、通販サイト構築

9)
保存場所を指定する必要がありますので、「デスクトップ」を選択し、保存ボタンを押して下さい。
ダウンロードが完了しましたら、「閉じる」ボタンを押しブラウザも閉じ、デスクトップにダウンロードしたファイルがあるかを確認して下さい。



10)
エントリーやカテゴリーなど、どのデータベースを使用して、データ保存するかどうかを、最初に選択して置く必要がありますので、以下のいずれかを選択して置いて下さい。
当社と致しましては、MySQL を推奨致します。


・BerkeleyDB
・ MySQL
・PostgreSQL

BerkeleyDB は、データ量と処理時間が比例する為、MySQL/PostgreSQL で、御利用頂く事を推奨致します。


※ MySQL/PostgreSQL を使う方の事前設定
コントロールパネル に、「契約者ユーザー」でログイン後、「ユーティリティ」>「データベース設定」を開きます。(サーバープランにより異なりますので、御不明な場合には、お問い合わせ下さい。)
MySQL/PostgreSQL のパスワードを、設定していない場合は、ここで変更ボタンをクリックして設定して下さい。
尚、 Movable Type のインストール時に必要となる情報は、以下の4つです。
  • データベースサーバー
  • ポート番号 
    ※記載されていない場合は不要。また、MySQLの場合は、ポート番号は不要です。
  • データベース名(接続ユーザー名)
  • パスワード


11)
ダウンロードした Movable Type アーカイブを、パソコンのデスクトップ上で圧縮ソフトを使用して解凍して頂き、サーバーに、 FTPソフトで転送します。

<アーカイブをクライアント PC で解凍>
Movable Type アーカイブを解凍します。
解凍して作られたフォルダの名前は、 mt や blog など、適当なフォルダ名に変更して下さい。
※このインストールガイドでは、フォルダ名を、「mt」として設定します。

<設定ファイル (mt.cfg) の書き換え>
解凍されたファイルから mt.cfg を、テキストエディタで開き、以下の様な設定変更を行います。


■MySQL を使用する場合
■14 行目
<修正前>
CGIPath http://WWW.YOUR-SITE.COM/PATH/TO/MT/ 
   ↓↓↓
<修正後>
CGIPath http://www.ドメイン名/mt/

■34 行目
<修正前>
# ObjectDriver DBI::mysql
# Database <database-name>
# DBUser <database-username>
# DBHost localhost
  
   ↓↓↓
<修正後>
ObjectDriver DBI::mysql
Database MySQL123
DBUser MySQL123
DBHost mysql.example.com

■145 行目
<修正前>
# DBUmask 0022
# HTMLUmask 0022 
# UploadUmask 0022
# DirUmask 0022
   ↓↓↓
<修正後>
DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

■170 行目
<修正前>
#TempDir /tmp/   
   ↓↓↓
<修正後>
TempDir ./tmp




■PostgreSQL を使用する場合
■14 行目
<修正前>
CGIPath http://WWW.YOUR-SITE.COM/PATH/TO/MT/ 
   ↓↓↓
<修正後>
CGIPath http://www.ドメイン名/mt/

■34 行目
<修正前>
# ObjectDriver DBI::postgres
# Database <database-name>
# DBUser <database-username>
# DBHost localhost
  
   ↓↓↓
<修正後>
ObjectDriver DBI::pgsql
Database post1234
DBUser post1234
DBHost postgresql.example.com
DBPort 9999

■145 行目
<修正前>
# DBUmask 0022
# HTMLUmask 0022 
# UploadUmask 0022
# DirUmask 0022
   ↓↓↓
<修正後>
DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

■170 行目
<修正前>
#TempDir /tmp/   
   ↓↓↓
<修正後>
TempDir ./tmp




※ MySQL/PostgreSQL を使う方のパスワード設定
mt-db-pass.cgi を、テキストエディタで開き、MySQL/PostgreSQL に設定したパスワードを記述して保存します。  
ファイルを開くと、[database_password]と、記述がありますが、その部分は全て削除して、データベースに設定したパスワードを入力下さい。


個人ライセンスユーザー様の設定補足
個人ライセンスの場合には、以下を参考にして、インストール先やデータベースの設定等を、全て環境設定ファイル (mt-config.cgi) に以下の様に指定して下さい。
バージョンにより、多少、差異がございますので、御了承下さい。
1, パッケージを解凍したディレクトリ内に、mt-config.cgi-original ファイルがあります。
このファイルを、mt-config.cgi というファイル名で、別途、コピーします。
2, mt-config.cgi をテキストエディタ等で修正します。
#(シャープ)がある行は、コメント行ですので、必要に応じて、# を外してコメントアウトして下さい。
# を外して、コメントアウトすることで、該当する行の指示子を停止させることが可能になります。
3, CGIPath に、Perlスクリプトを保管するディレクトリパスを設定します。
例えば、http://ドメイン名/mt/ となります。
4, データベースへのアクセス情報を設定しますので、利用するデータベースの環境にあわせ、設定環境を記述します。(例:MySQL の場合、##### MYSQL ##### を編集。)

49行目の SQLSetNames は、MySQL5.1やPostgreSQL8等のキャラクターセットを明示的に指定するデータベースを利用する場合には、50行目〜53行目をコメントアウトして下さい。
5, StaticWebPath (93行目) に、CGIPath で指定したパスに、mt-static を追加します。
例えば、http://ドメイン名/mt/mt-static/ となります。
そして、88行目〜95行目をコメントアウトして下さい。
6, TempDir (211行目) に、MovableType が生成するテンポラリーファイルの保存場所を指定します。
7, PublishCharset (272行目) に、Movable Typeが生成するHTMLファイルのキャラクターセットを指定します。
通常は、UTF-8ですが、EUCを指定する場合は、euc-jp を、シフトJIS を指定する場合は、shift_jis を指定します。
8, テキストエディタを終了し、保存してアップロードします。

12)
テキストエディタで、ファイルの編集が完了しましたら、FTPソフトを使用して、ファイルのアップロードを行います。

<ファイルのアップロード>
FTP ソフトで、フォルダ毎、ファイルをサーバーにアップロードします。
ブログの公開URLは、インストール後に設定を行います。

<ディレクトリーの作成>
必要に応じて、以下のディレクトリを追加作成します。
MovableType の初期状態で存在している docs/ extlib/ images/ と同じ階層に作成します。

BerkeleyDB を使う場合
db/
tmp/

MySQL/PostgreSQL を使う場合
tmp/


<パーミッションの設定>
以下の .cgi ファイル (13個) のパーミッションを、 751 に変更して下さい。

  • mt.cgi
  • mt-add-notify.cgi
  • mt-atom.cgi
  • mt-check.cgi
  • mt-comments.cgi
  • mt-db-pass.cgi
  • mt-load.cgi
  • mt-search.cgi
  • mt-send-entry.cgi
  • mt-set-reg.cgi
  • mt-tb.cgi
  • mt-view.cgi
  • mt-xmlrpc.cgi

デフォルトは、644 になっているので 644→751 に変更します。

13)
システムチェック用の mt-check.cgi にブラウザでアクセスすると、自動でチェックプログラムが実行されます。
チェック項目のうち DBD::SQLite と Crypt::DSA がエラーになりますが、動作上は問題ありません。
「500 Internal Server Error」 と表示される時は、前項のパーミッション設定や、.cgi ファイルの編集を、再度、見直して下さい。


例)
http://www.ドメイン名/mt/mt-check.cgi

<システムの初期設定>
初期設定用の mt-load.cgi にブラウザでアクセスします。

例.) http://www.ドメイン名/mt/mt-load.cgi

<チェック用ファイルの削除>
チェック用のファイル mt-check.cgi と mt-load.cgi を削除して下さい。
mt-check.cgi は、サーバー環境の漏洩、mt-load.cgi は、第三者による初期化の恐れがあります。

14)
ログイン画面にブラウザからアクセスします。

例)
http://www.ドメイン名/mt/mt.cgi

初期状態では、投稿者名(ユーザー名): Melody パスワード: Nelson で、ログインすることが可能です。
「プロフィールの編集」で、管理者ユーザー名とパスワードが変更可能です。
セキュリティー観点上、プロフィール編集画面からパスワードを変更して御利用下さい。
保存を押すと、ユーザー名とパスワードが上書き変更されます。




MovableType ブログのインストールプラグインテンプレート

アダルトサーバー
IP分散サーバーアダルト専用サーバー アダルトレンタルサーバー▲レンタルサーバー詳細&料金へ戻るGoogle Google+
Copyright 2013  アナハイムエレクトロニクス株式会社  All Rights Reserved ムーバブルタイプ